土地活用方法それぞれの魅力とは

オーナー6-1

土地活用にはさまざまな方法がありますが、どの活用方法が最適かについては、「土地活用をする目的」や「土地の立地」によって答えは様々になります。

 

弊社では、長年豊川市の不動産を中心に不動産活用のお手伝いをしており、市内の立地特性に合致した活用方法をご提案しております。

 

近年は、アパート適地でもないのにアパートを建ててしまったという事例や、しっかりと相続の全体像が見えていないのに、とりあえず不動産で借金を作ってしまったという事例をこの豊川市内でも多く耳にするようになっています。そういった無謀とも言える資産活用によって、賃料のダンピング等が発生し、市内の不動産市況にも悪影響が発生しているのも事実です。

 

弊社は、多くの不動産を活用するうえで、お客様のため、周辺住民のため、豊川市の発展のためという軸を持ってご提案をすることを心がけております。

オーナー様負担でアパートやマンションを建てる話ばかりでなく、市内の立地特性を活かして周辺の環境増進のための商業活用事例にも実績がございます。

 

HPに載せているのは一部の事例に過ぎませんが、アパート等を建ててしまう前に一度ご相談頂ければと考えております。

賃貸マンション、アパート

【安定した賃貸収入】

 

マンション、アパートの建設は、初期投資額が大きくなるという面はありますが、長期にわたり安定した収入が得られるという魅力があります。ローンの返済が終われば、その後の大きな出費として、大規模修繕のプランニングをしっかりしておくことで、家賃収入を生活費や個人年金の代わりに老後資金に充てることも考えられます。

 

 

【固定資産税・相続税から見たメリット】

 

土地は一般的に更地の状態であれば、評価額を課税標準として固定資産税や都市計画税が課税されます。しかし、土地の上にマンション、アパートなどの建物を建築することで課税標準の特例が適用され、課税標準額が減額されます。

 

具体的には、200平方メートルまでは小規模住宅用地として課税標準額が6分の1に、200平方メートルを超える部分については、住宅用地として課税標準額が3分の1に軽減されます。

 

また、新築建物についても固定資産税の軽減措置があります。たとえば、マンション、アパートの場合、居住用部分の床面積が1戸につき40平方メートルから280平方メートルの場合、120平方メートルまでの部分について固定資産税が2分の1に減額されます。

 

減額の期間も「3階建て以上の中高層耐火住宅等」、すなわちマンションなどに関しては5年間にわたり減額されるため、建物分の負担軽減という意味でも魅力的です。

 

相続税に関しては、まず、土地が「自用地」という扱いから「貸家建付地」として扱われることにより、評価額が80%程度に減額されます。また、建物についても、「貸家」として評価されるため、通常の固定資産税評価額から「借家権割合」(30%の地域がほとんど)を控除することにより、70%程度に減額されます。

等価交換マンション

オーナー6-2

【等価交換とは何か】

 

等価交換は、立体買換えとも呼ばれ、土地オーナーが用地を提供し、ディベロッパーがそこにマンションなどの建物を建築した後、土地所有権の一部と引き換えに、土地オーナーが完成したマンションの区分所有権を得るものです。つまり、土地の一部とマンションの一部を等価で交換することから、そのような名称となっています。

 

 

【等価交換のメリット】

 

等価交換では、土地オーナーが建設資金を負担することなく、土地活用が図れるというメリットがあります。

 

また、通常であれば、土地の一部を譲渡した際に譲渡所得に対し課税されますが、「中高層耐火建築物等の建設のための買換え特例」(租税特別措置法37条の5)を適用することにより、土地譲渡益への課税を繰り延べることができるというメリットがあります。

高齢者向け住宅

【どのような種類があるか】

 

高齢者向け住宅としては、サービス付き高齢者住宅や住宅型有料老人ホームなどの種類があります。そのうち、サービス付き高齢者住宅は介護を必要としない高齢者向けの住宅で、建築に際してもさまざまな便宜が図られています。

 

サービス付き高齢者住宅は「サ高住」や「サ付き」とも呼ばれ、介護サービスが提供されない代わりに自由度の高い生活が送れることや「高齢者住まい法」により入居者の同意のない一方的な契約解除が制限されていることから、利用者側から需要が高い物件ということができます。

 

 

【メリットについて】

 

サービス付き高齢者住宅を建設することで、物件情報が一般社団法人 高齢者住宅推進機構が管轄する情報提供システムに掲載されます。そのため、入居者の募集がスムーズに行われるという特徴があります。社会の高齢化が進む中、需要が安定していることから、賃貸物件としての安定収入という面でも期待できます。

 

また、土地および建物の固定資産税、不動産取得税に関して軽減措置が設けられているほか、所得税法上、物件の取得価額について割増償却ができるなどの優遇があります。さらに、新築および改修時に補助金を利用できるというメリットもあります。